Carl Hansen & Søn

mk10040-51

MK10040 | Model 51 Chair

モーエンス・コッホがデザインした小さめのロウバック、イージーチェア。1936年、コペンハーゲン家具職人ギルド展でソファモデル 52と伴に発表されました。

Designed by Mogens Koch.

Product

この二つのモデルでモーエンス・コッホは、シート部分を木製のフレームの上に乗せるという、大胆な構造を採用。フレームを露出し意匠としています。シート部分はフレームの最上部で固定するようになっています。

実直なデザインを信条としたコッホは、上部から突然出てくるようなソファの脚を嫌っていました。コッホにとってはこれは何

かを隠す、ごまかし工作にしか見えなかったのです。デザイナーは、細部に至るまで高い質を追求しなければならないと考えていました。同様に、フレームを張地で覆い隠してしまうような意匠も論外でした。

支える部分と支えられる部分(下部の脚と上部のシート部分)を分け、隠すことなく構造材を意匠として、使用されている天然素材の美しさを強調すべきである、とデニッシュ機能主義者は唱えてきました。モデル52のフレームを露出した構造は、まさにこれを体現したデザインといえます。

フレームはムク材、背と座は革張りとなります。



デザイナー

モーエンス・コッホ

今やデザインアイコンとなっているフォールディングチェアや書棚で世界的に知られるデザイナー、モーエンス・コッホ。1925年から1930年までコーア・クリントの元で仕事をしたほか、1950年から1968年まで王立アカデミー家具科の教授を務めました。

詳細を見る

サイズ・仕様
SoapLacquerOilWhite oilBlack paint
Oak
Walnut
プロダクトシート

プロダクトシートには製品、デザイナー、素材、サイズ、連絡先などの情報が掲載されています。

Download
メンテナンス

For maintenance here from

 

材質

 

For more information about the material here from

background

ユーザーログイン

ユーザネーム&パスワードを入力してください

入力されたユーザーネームまたはパスワードが正しくありません